高森太郎の日記。@WebryBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 小惑星探査衛星はやぶさ、地球スイングバイで加速し、イトカワへと旅立つ

<<   作成日時 : 2004/05/20 16:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

 小惑星探査衛星「はやぶさ」が、惑星イトカワに向かって地球スイングバイ(地球の重力を利用した加速)をおこない、最終的にイトカワに旅立った。

 そして、これから何年かあと、目的地の小惑星イトカワに付くと、託された、地球人類の名前の刻まれた小さなプレートを小惑星に残し、そして、小惑星のサンプルリターン、つまり「星のかけら」を胸に抱き、地球に帰ってくる。(正確には、カプセルだけ大気圏に突入するらしい)

 ちなみに、その「地球人類の名前」のなかには私の名前も含まれていたり。

 なんとなくロマンのある話である。そして、ロマンだけでなく、これによっていろいろわかるのだ。もちろん、サンプルリターンされると、というのもあるだろうけれど、それだけではない。この「イオンエンジン」というものを使っている衛星はやぶさが飛んでいるということも「あたらしくわかったこと」だらけだったりする。
そして、そのイオンエンジンを搭載した衛星が地球スイングバイ、というのは初めて……というか、イオンエンジンってもの自体けっこうめずらしいらしく、すごい快挙なのだ。と、ほんとうは難しいことは良くわからない頭で、ぼんやりと考える。

 しかし、すでに地表を出発してから一年以上たっているのか……というか、笹本祐一著『宇宙へのパスポート(2)』(ISNB:4-257-03678-8)にそのときの模様がでているのだから、たしかにそれぐらい足っているはずだ。しかし、ついこの間のような気がする。

 私は、たしか、宇宙作家クラブのサイトで「星の王子様に会いに行きませんか」プロジェクトを知って、muses-c、はやぶさのことを知り、そして、惑星協会という組織があることを知ったんだけど……。


 これから数年の間、はやぶさは広大な宇宙を一人、目的地に向かって、スイングバイで得た速度を使い、旅していくんだろうなぁ、とかちょっと思いをはせてみる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本御謹製宇宙船『はやぶさ』 今夏 小惑星に着陸へ
昨日、某所で記事を見るまで、すっかり忘れておりました。日本が打ち上げた、小惑星探査宇宙船『はやぶさ』(本名:MUSES-C)が、今年夏、小惑星「イトカワ」にランデブーし着陸(微妙に意味がちがうかな(汗)、「イトカワ」を削って、そのかけらを採集する予定となってお... ...続きを見る
Prophetの小部屋(楽天支店)
2005/06/13 09:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。私も仮想宇宙小説を書き始めた者です。「火星の砂漠」という題名で第3話まで書きました。完成度1%程度ですが、もし良かったら読んでみてください。

http://95136845.at.webry.info/
火星の砂漠
2004/11/20 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
小惑星探査衛星はやぶさ、地球スイングバイで加速し、イトカワへと旅立つ 高森太郎の日記。@WebryBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる